目のたるみは、もしかすると使っているメイク道具が原因かもしれません。アイクリームを使うと同時に、現在使用中のアイシャドウは何年前から使っているかチェックしてみましょう。

アイシャドウの使用期限は?書いていないことが一般的……?

毎年、新しい色が発売されてアイシャドウを追加購入している女性も多いです。

職場ではブラウン系やピンク系、友達との食事会には派手めでラメ感が多い色などTPOに合わせて使い分けている人もいることでしょう。トレンドカラーもあり、コスメ売り場で新色が発売されているとつい買ってみたくなりますが、アイシャドウはどのくらいで使いきればいいのかわからないことも。かなり前に買って、数回使っただけだと「まだまだ使える」と思いがちです。

アイシャドウは、使用期限がコスメに書かれていることはありません。どうしてかというと、薬機法によるものです。

薬機法とは、医薬品や医薬機器の品質の安全性が確保されているかどうか定めた法律です。未開封で3年以上品質が保証されるものだと、使用期限・製造日を記載しなくてもいいと決められています。つまり”未開封なら製造日から3年は使用しても大丈夫”だといえます。

開封後はどのくらいの期間で使い切るべき?

薬機法では、開封後の化粧品の使用期限のきまりはありません。ただ、一般的に言われていることは、開封した後のコスメは3ヶ月~半年以内に使いきることがいいと言われているのが定説。

保存方法、商品にもよりますが、コスメは開封したら空気に触れてしまうため、化粧水や乳液は早めに使い切らなくてはいけません。ナチュラルコスメなどは敏感肌用に作っていることもあり、短期間で使いきるとしている商品もあります。

美容研究家によると、メイクアイテムのアイシャドウの使用期限は開封から約2年が一般的で、それ以降はすべて捨てるのがいいようです。買って使っていても2年以上使っているアイシャドウがありませんか?何色かセットになっていて1色が残っている時、続けて使っている場合があります。

目元はとても薄く、トラブルになりやすい部分。そのため、使用期限を過ぎているアイシャドウを使い続けるのは危険です。食品のように賞味期限が決められているものではないですが、何年間も同じものを使い続けていると肌のトラブルになる可能性もあります。

日焼け止めもワンシーズンで使い切るように言われています。いつ開封したかわからないものは、即刻捨てて整理整頓を行いましょう。今後のために活用するならブログやInstagramを利用して開封日を記録するようにしてみてください。

肌荒れやしみ・そばかす、くすみ、大人ニキビの原因は、もしかすると古いアイシャドウが原因だったのかも……。開封してかなり期間が経過しているものは、捨てて新しいものに交換してみましょう。